ツアー&イベント レポート


2010.11.3 烏ヶ山

活動記録

本日はまめ登山部大山山系祭り (なんだそれとは言わないで・・)

秋空の下 紅葉を見ながらの登山を予定していたが 大山山頂付近はすでに雪

分厚い雲に覆われたあいにくの天気になってしまった

大山情報館に集合し 大山チーム4人と烏ヶ山チーム5人に別れそれぞれのコースを登る

(この日はケンケン、やんさん、よっしーもそれぞれ登ってたようだ)

35.359884,133.567979

初参加のQコーチは山歩きに慣れてらっしゃるようなので今回のコースも大丈夫でしょう

では 烏ヶ山チーム 出発!!

DSC01717

途中の鍵掛峠付近は紅葉見物の観光客で大混雑

大勢の人達がカメラを手に撮影中

我々も撮っておこうと思ったがカメラはザックの中

車内で取り出すのは面倒なので撮影せず目に焼き付けておきました

そして鏡ヶ成にある休暇村奥大山駐車場に到着

すぐの前にこれから登る烏ヶ山がそびえている

これが山陰のマッターホルンか!!

IMG_9589

ここから見ると意外と近い すぐ上がれるんじゃないかな いやいや上がれないよな

今日は気温が低いので防寒着をしっかりと着込む

IMG_9591

防寒し過ぎのひとみさん(右)  タイツマン(左)も男を上げる〇〇クリニックの宣伝のようだ

IMG_9592もはや珍獣・・髪だか髭だかよくわからない

11時11分、キャンプ場向かいの登山口に入る

IMG_9594

ここに壊れた立札があった

ここには10年前の地震により崩壊箇所あり 登頂は危険なので登山禁止と書いてある

IMG_9595

登頂は禁止か・・

ま とりあえず崩落箇所までは行ってみよう 危なかったら引き返すと言う事で・・

森に入ると 緩やかな歩きやすい山道が続いていた

IMG_9598

道には真新しいテープもある(積雪時の為のものかな)

IMG_9601

ちゃんとデープナビがあるとは やっぱ登頂が禁止なんだな

足跡も沢山あるし 結構入山者はいるようだ

さらに進むとロープが張ってあった しかし特に注意書きは無く あっさり通過

夏に下見に登ってくれたやんさん情報だとヤブがひどいという事だったが

今は誰かの手によってきれいに刈られている

おかげでとっても歩きやすい

登山どうぞと言わんばかりじゃないか・・ 矛盾を感じながら先へ進む

IMG_9603

この辺りから若干傾斜が増してきた

IMG_9610

でもまだまだ余裕 秋の登山は汗だくにならないので快適快適

IMG_9619

やがて視界が開けてきた

鮮やかな紅葉ではないが きれいな景色だ  ひとみさんには負けるけど (←これ言っとかないと)

背後にはスタートの駐車場 象山 擬宝珠山も見えてきた

IMG_9623

そして前方にはピーク??が見えてきた もちろんこれは山頂じゃないけど

IMG_9626

ここからは簡単には登れなくなってくる

IMG_9628

傾斜はきつくなり ロープ場も現れ始めた

ロープは新しく  しっかりしている (これも登っていいよと言ってるようだ)


IMG_9629

問題なく登れた

そして雲の中に突入 雨も少しずづ降りだしてきた

DSC01680

うっ・・悪天になってきたか

レインウェアを着込む (ひとみさんは通学用の雨カッパ ただし残念ながら学生では無い)

いよいよサバイバルな感じになってきた

DSC01681

ぼんやり見えるのが山頂か?

DSC01682

道なりに進むと崩落箇所らしき場所にたどり着いた

DSC01687

足元の岩は安定していて想像してたほど危険ではない

大山のポロポロ崩れる尾根道と比べればこっちの方がよっぽど安全だと思うが・・

下は見えないけど切れ落ちてるんだろうか

DSC01683

するとガスの中から下山者の姿が

DSC01688

元気過ぎるじいさんばあさんパーティーの登場に一同唖然・・

しばしすれ違いを待つ

タフな方々だ・・こんな風に年を取りたいもんだぜ

下山者はこちらのパーティー以外にもおり 総勢15名程度

我々も含め 登山禁止っていったい・・

崩落箇所を過ぎてすぐ新小屋峠コースとの分岐点があった

DSC01693

このルートで登ってきた方の話によると このルートはヤブ漕ぎが大変なんだそうだ

やっぱそうか・・

天気も悪いし 帰りに通ろうと思っていたけど止めとこ

雨はやがてみぞれに変わり さらに過酷になってきた

DSC01697山頂を目指し進む

お!  いよいよ山頂か?

DSC01698

登ってみるとなんだか違う (南峰でした)

この先はまた下り

DSC01700

先がわからないな・・

と思っていたら前方になにやら怪しい影が

DSC01705

でた!! あれが山頂か!!

驚愕のあまり思わず指差してしまいました

DSC01708

鞍部を慎重に進む

両サイドはガスのため見えず 高いんだろうなぁ・・

DSC01709そして最後の崖をよじ登る

DSC01713

ここもそんなに難しくない

マッキー師匠は今日も軽快なステップだ

DSC01712

12時58分、山頂到着

結構広いじゃん・・

IMG_9637

そして記念写真を撮る

DSC01717

山頂上空からは出来たばかりの新鮮なみぞれが降って来る

うぅぅぅ寒い 手が冷たい

さっそくQコーチが暖かいコーヒーを振舞ってくれました ありがとう

IMG_9630

そしてランチタイム

寒いけど なんともいえない達成感だ

IMG_9633ここで本日の一枚

DSC01723「山頂で あの子を想う タイツマン」

いろいろあったらしいタイツマン

このあと「大好きだ~!!」と出雲に向かって絶叫したのでした

「山って 大声出せていいですよね♪」

いいこと言うねぇ

がんばれ タイツマン!!

絶叫のおかげで雲の切れ間から下界が見えてきた

こんな感じだったのか

IMG_9638

晴れていればきっと素晴らしい景色なんだろう 残念

13時41分、下山開始

時々雲がなくなり下界を眺めながら下ることが出来た

登った山頂を振り返る

こうして見るとかなり尖がっている

険しかったんだね・・

DSC01733

崩落箇所の下も見えた

吸い込まれそうだ

IMG_9645

しばらく景色を堪能

IMG_9646

鍵掛峠は今だに渋滞が続いている

DSC01731

そして珍獣「烏人」とともに来た道を下り

DSC0174415時00分、全員無事下山

みんな大満足です

DSC01747

悪天だったが その分先が見えないスリルが味わえました

うっすら山頂が見えたときには後光が差しているようでした

視界不良が逆に面白かったかも

※今回登山者も多く 普通に安全に登山できました

とは言えまだ登山禁止のようです

自己責任で慎重に判断してください (お前が言うなって思うでしょう その通りです)

早く登山解禁にしていただきたいすばらしい烏ヶ山でした

e383abe383bce383881

<参加者>

Qコーチ(new)

タイツマン

ひとみさん

マッキー

隊長







  • ケンケン

    鳥取には…珍獣イモト以外にもレスラー強盗みたいな珍獣が生息してるんですね…熊より恐いので烏〇には近づかない事にしますね…(笑)
    悪天候中お疲れ様でした。

  • マッキー

    珍獣「烏人」は出雲まで連れて帰りましたので、鳥取の皆様ご安心ください。
    普段は素敵な大人の女性の姿をしています。
    心優しい生き物ですので、見つけたらいたわってあげて下さい。

  • ひとみ

    けんけんに恐れられ、マッキー師匠に大切にしていただいた珍獣は、冬眠に入りました。お腹すいたら目を覚ましますので、今後とも可愛がって下さい。

  • ロト

    鍋の匂いに誘われて、キラ多伎に姿を見せるという伝説があるみたいですが…。

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑