ツアー&イベント レポート


テケテケ登山 峯寺弥山編

隊長の自由帳

妙見山に登った日、向かいにある山にもテケテケっと登ってみた。

島根県雲南市三刀屋町にある 峯寺弥山(ミネジミセン 299.1m)

35.310932,132.877192

三刀屋の町が一望できる低山で、前から登ってみたかった山なのだ。

DSC02153

下から峯寺まで続く参道を登るのが正式なんだろうが、今日は時間が無いのでカット。車で上がってしまおう。

DSC03063ここにはみね君が立っていた。

DSC03064

※ここで補足。ときどきお寺に立っているこの小坊主。彼らは出雲三十三番観音霊場という札所のシンボルキャラ?なのだ。

なのでの安田要害山麓の長台寺(ちょうだいじ)にいたのが20番ちょうだい君。

朝日山朝日寺(あさひでら)は29番あさひ君

彼らはizumo33のみなさんなのだ。

そして摩尼山摩尼寺(まにじ)にいたスペシャルまに君は別のファミリー。

こちらはchugoku33に所属しているのだ。

ちがったらごめんなさい。

(だからと言って全部巡ってみよう!!  という気は今のところない。)

DSC03020

峯寺周辺は図のようになっている。

境内を縫うように車道を進むとバンガローのある峯寺遊山荘にたどり着く。

車はここの駐車場に止めた。

DSC03060

ここから登山道が始まっている。早速行ってみよう。

DSC03022

峯寺森林公園の豊かな緑に包まれた安らぎの空間を歩いていく。

野鳥観察小屋や、

修行滝を見ながらのんびり歩いていく。

DSC03058

途中の分岐を進むと展望台があった。

ここから三刀屋を通る高速道周辺が見えるが余り視界は広くない。

DSC03027

東屋があるので休憩するのにはいいかも。

DSC03028

某達人(マシンガントーク)のロケットストーブの痕跡は無いようだ。


山頂へと道を進むとアンテナ基地がある。

DSC03031

ここからいったん鞍部へ下り、

DSC03033

やや急斜面を登り返すと山頂到着だ。


おお!!

展望抜群。

DSC03048

素晴らしい。


DSC03039

山頂碑、三角点、鳥居、お地蔵さん、テレビアンテナ基地とかなり賑やかな山頂だ。

DSC03041

鳥居の間からは出雲北山の弥山も確認できた。

DSC03042

そしてボックス発見。

開けてみると登山ノートが入っていた。

DSC03040

その下には以前「勇者とカメラマンの近場の旅」で見つけたピークハンターの形跡が・・

DSC03045

なぜか生じたやられた感。

俺も足あと残し検討してみようかな。

気を取り直してノートに何か書いておこう。

景色を眺め思うがままに筆を走らせた。

DSC03046

このとき、この場所でなぜこんな文になったのか・・

頭の中も春模様だ。危うし。


山頂からはもう一本登山道が西へ伸びている。この道はどこへ続いているのやら?

DSC03050

おそらく隣のピークにあるアンテナ基地辺りだろうけど・・見つけた以上行かねばなるまい。

先へ進みすぎると引き返すのが面倒なのでいったん下山し、車を回して確かめてみることにした。

しかーし、本日はタイムアップ。

ここのルート調査は次回に持ち越しだ。

山荘までの道は狭く、すれ違い困難な場所あり。

駐車場には5~6台しか止めれないので、宿泊客がいた場合、止めれない可能性あり。

参道下の駐車場に止めたほうがいい。

山荘から山頂までゆっくり歩いて20分少々。

登山道は歩きやすく誰でも楽に山頂に立つことが出来るはず。

たいへん眺めがよく、お勧めします!!


 

2日後、早速調査にやってきた。今回は暇だという中隊長も同行。

前回見当をつけたアンテナまで続くと思われる車道に到着。

チェーンが張られている。

やっぱり作業道か。

DSC03115

なのでここに車を止め歩いて進む。

とことこ歩くとアンテナ地帯。

DSC03120

立入禁止なのでうろうろせず、車道を進むとやがて登山道に突入。

DSC03122

道は踏み跡やテープもあるので分かりやすい。

まっすぐ進むとはい到着。

DSC03125

2日ぶりの山頂だ。

今度は中隊長がノートに記入。

DSC03132

微笑み顔がなかなかよい。

DSC03133

峯寺弥山、楽勝楽勝。

DSC03128

しばらく景色を眺めて山頂をあとにしたのであった。

 

2011.4.21、4.23

  • ぼん

    なんかちょーだい~ って顔してるので、
    みんな「チョーダイ君」だと思ってました。
    職人さんのスパッツっていったい…

  • ケンケン

    眺望もよく、デート登山には最適な山かもと感想…峯寺も良い感じだし~お茶出来る店もある。カップル&意中の方がいる方は誘って登る事をオススメします!

« »

Copyright © 2018 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑