ツアー&イベント レポート


勇者とカメラマンの近場の旅 立久恵山の巻

隊長の自由帳

むかしむかし、まだ雪も降っていない頃のはなし。


島根県出雲市乙立町 立久恵山(312m)

35.298717,132.73466

立久恵峡にそびえるこの山の山頂には魔物が潜んでいるという。

天気のいい午前中。夜勤明けの勇者ロトと共に調査に出かけた。

 

冒険の始まりは・・2006年7月の豪雨による洪水で壊滅した立久恵峡わかあゆの里キャンプ場

現在再開に向けて修復工事の真っ最中。

DSC02230

工事現場の人にお願いして駐車場に馬車を止めた。

DSC02232

奥に見える山がこれから目指す立久恵山だ。

事前のネット調査では、山頂までのルートについての情報は得られなかった。

今回も低山の十八番。踏み跡があるのかさえも分からない手探り冒険なのだ。

ちなみに今日の装備は・・

[勇者]

レベル33

<防具>

チェックのふく   防御力 8

長ズボン     防御力 5

かわのくつ     防御力 2

勇者の帽子   防御力 5

<武器>

おのれのこぶし     攻撃力 12

DSC02234

夏季より袖、裾、ともに長く強化された服で登場だ。

DSC01115

夏季の勇者

勇者も気温に応じてコスチュームを着こなしているのだ。

しかも今回はザック装備。中にはナイスなアイテムが入っているらしい。

相変わらず頼もしいぞ。

一方、

[カメラマン]

レベル4

<防具>

防寒着      防御力 6

ぬののズボン  防御力 2

かわのくつ     防御力 2

あせふきタオル  防御力 1

<武器>

でじたるかめら  攻撃力 1

こちらは防寒着が増えただけ。

写真は無いが、貧弱さは夏季とさほど変わらない。

しかしいつも通り、勇者の後に続けば大丈夫だろう。

 

よーし、出発だ。

まずは神戸川に架かるつり橋を渡り、隣の国に入る。

先頭はもちろん勇者ロト。後ろに続くはカメラマン

DSC02235

やけに静かな国境だ。門番もいないとは。

簡単すぎるぜ・・。

つり橋を渡りきると、分岐点。

少し外れた場所に道標があった。

DSC02236

なかなか分かりづらい道標だ。おそらくここから中国自然歩道を行けばいいはずだ。

こっちだな。

広い道をまっすぐ行く。

DSC02237

しばらく進むと、飛光寺という寺があった。

DSC02239

この寺の手前の川を登って行くようだ。

DSC02240

なんだか道は荒れ模様。

脇には不動明王が並んでいる。あやしい。

DSC02241

しかし勇者は怯まない。突撃開始だ。

DSC02242

しかしすぐに道はなくなった。

「おかしい・・」

仕方なく引き返そとすると、突然水かさが増し、戻れなくなってしまった!!

DSC02243

「ほーっほっほ!!」

不動明王の笑い声が響き渡る。

完全にトラップにはまってしまった。

いきなりのピンチ。

しかし勇者は冷静だ。すかさず今年最大のお気に入りアイテムiPhoneを取り出し脱出ルートを確認する。

「こっちだ!!」

早くもルートを見つけたようだ。

勇者の後に続いてヤブの中を登っていく。

DSC02251

何とか危機を回避できた。さすが勇者(別名ヤブの低王)である。

さらに進むと青いバケツ発見。

DSC02253

近づくといきなり襲ってきた。正体はミミックだ。

しかし勇者はおのれのこぶし一撃で撃破。

夜勤明け一発目から会心の一撃が出るとは!

今日の勇者はノリノリである。

 

川に沿って上へと進んでいくと、はっきりとした道が横切っていた。

この道が中国自然歩道のようだ。

最初から完全にアプローチを間違えていたわけだ。

「敵の術中にはまってしまったわ・・」

 

そして分岐点。

勇者はiPhoneとにらめっこ。

右へ進むべきとの判断を下した。

 

進んでいくと石垣が現れた。

DSC02261

要塞のようだ。魔物が潜んでいるに違いない。

そろそろ強敵出現か?

 

DSC02268

あやしさ満点だが魔物の姿は見当たらない。

「どういうことだ?」

おそらく勇者の戦闘力に魔物も恐れおののいているのだろう。

踏み跡をたどり、鞍部へと下る。

DSC02277

目前に立久恵山が見えた。

DSC02278

「あれだ!!」

「どれだ??」

凡人には良く分からないが、勇者には山頂がみえているようだ。

山頂からの展望は無さそうだ。ついでに道も無さそうだ。

低山の宿命、道なき道を突き進む。

そいやそいや!!

そーれそーれ!!

DSC02279

そいや!!!

登り切ったようだ。

しかし山頂の目印は一切無い。

勇者はまたまたiPhoneを取り出し位置を確認する。

DSC02281

ここから北へ少し進んだ辺りが山頂と判断し移動する。

この辺りにも魔物の姿は見当たらなかった。

「やはり恐れをなして逃げたか。」

しかしいつ戻ってくるか分からない。

勇者はおもむろに枝をくくり始めた。

そいやそいや!!

そーれそーれ!!

DSC02283

そいやそいや!!

そーれそーれ!!

DSC02285

そいや!!!

DSC02287

魔物封じの像完成。

 

頭部のみだが 「模倣ではなくオリジナル」と強弁している某ガンダムを逆に模倣。

7131f623-556f-4a7b-8a8b-ac358aedec9d DSC02288

勝るとも劣らない完成度である。

「これで魔物たちも居なくなるだろう」

またしても勇者によって平和が取り戻されたのだ。

よかったよかった。

 

下山は中国自然歩道を歩く。

ちゃんと道標もあったのだ。

DSC02296

やがて民家横に下山。

DSC02300

・・ここが入口だとは勇者でも気付かないぞ。

DSC02301

 

 

DSC02305

立久恵峡にそびえる立久恵山

地域の平和は今もガンダムが守っているはすだ!!

2010.12.23

~不定期開催 勇者とカメラマンの近場の旅 つづく~

« »

Copyright © 2019 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑