ツアー&イベント レポート


2011.9.17 立山ツアー Ⅰ 立山三山編

活動記録

去年の屋久島に続き、恒例になりました年に一度の遠征スペシャルツアー。

今年の目的地は富山県の立山&剱岳だ!!

難易度は高いが果たして制覇できるのか!?

←ついでに活動記録も100回目だ!!


36.585209,137.609596

ツアー参加者は17名。

参加者募集してからなんだかんだで3ヶ月、

準備に準備を重ね いよいよこの日がやって来ました。 (準備で半分燃え尽きたぜ・・by隊長)

今回は立山までは全員で行動し その後2チームに分かれて行動する。

・立山から黒部ダムに行くダムさんチーム 6名

・立山から剱岳に行くツルさんチーム 11名

なので計画もややこしいのだ。

DSC04800

とにかく安全第一でがんばって歩きましょう。


9/16 19:45 待ち合わせ場所にはら店長が襲来。

わざわざ大量の差し入れを持ってきてくれました。

DSC04635

この粋な計らいに一同感動。ありがとうジャントルマン。

その箱には

DSC04638

「伊達直人より」と書かれていました。

まだいたのかよ伊達直人・・おそらく21世紀最後の伊達直人・・。

この粋なジョークに一同は「これから始まる登山、絶対に滑らないように気をつけよう。」 と心に誓ったのであった。


9/16 23:00 中国道加西SAで全員集合。

ここからが本当のツアースタートだ。

天気は雨。

DSC04639

明け方には登山口に到着する予定なのでのんびり安全運転で行きましょう。


9/17 5:20 立山ICを降りたところで夜が明けてきた

DSC04642

左手には素晴らしい山並みが見えた。

やっぱ高い。スケールが違うな・・と眺めていると、一際ごつごつとした山がある。

DSC04645

おお!! あれぞまさしく剱岳!!

かっこいいぜ~。

明日はあの頂上に立つわけだ。(予定)

俄然闘志が湧いてきたところでまずはコンビニにで買出しだ。

DSC04646

店内全てまめんばーで占拠してしまいました。


6:30 立山駅到着。

マイカーはここまでしか入れない。

ここの無料駐車場に馬車を止めた。

連休のわりに馬車は少ない。おそらく雨のせいだろう。

さっそく身支度を開始する。

黒い馬車X1号、X2号。

DSC04647

そして王様の認めたbigな白馬。たしかに快適ですぞ王様。

DSC04648

よ~し。では出発。

DSC04651

今回の遠征も中隊長が参加。スタートのエンジンがなかなかかからないのが悪い癖だ。

DSC04653

はよ来い。

そして早くも手ぶら・・

荷物持てよ。

DSC04656


ここからケーブルカーに乗って美女平に移動しなければならない。

登山口の室堂ターミナルまでは1時間少々かかるのだ。


立山黒部アルペンルート|立山黒部アルペンルート ルートマップ

人多いだろうな・・と思っていたが意外にもチケット売り場は閑散としていた。

DSC04661

チケットはここ立山駅から室堂までの往復を買った。

料金は立山-室堂 往復 大人4190円、子供2100円

<<プチ割引情報>>

ここの乗り物クーポーンはあまり出回ってないようだが、JAF会員は10%割引っていうのがあるのだ。

会員証を提示で4名まで割引可能。持っている人は是非使ってみよう。

また、親子割引を使えば大人1名につき子供1名分が無料になるぞ。

また、別途手回り品は料金が掛かる物もあるので注意。

WS0000

 

 

駅の構内でお行儀よく並んで発車時間を待つ。

DSC04669

なんだか遠足みたいで楽しいねぇ。

そして乗車。

DSC04671

初めて乗るケーブルカーにわくわくである。

DSC04672

7:20 立山出発。

なかなかの角度を登るんだな。たいしたもんだ。

DSC04679

7分ほどで美女平駅に到着。ここから高原バスに乗り換える。

DSC04684

7:30 美女平出発。

ここも全く混雑も無く、スムーズに乗り継ぎする事ができた。

DSC04686

バスに揺られること50分、

車内に流れるガイドを聞きながらキョロキョロと名所を見たいところだが、外は雨。

景色はよくないし、とりあえず目を閉じて体力温存しておこう。



8:20 室堂到着。

ここも特に混雑なし。やはり雨のせいだろう。

DSC04690

準備を整え外に向かう。

途中には山岳情報が掲示してあった。

DSC04691

こ、これは!

剱岳・・死亡・・重傷の文字が並んでいる!!

IMG_0914

そして昨日も死亡事故・・。(ご冥福をお祈りいたします)

一般登山者(我々)が通る別山尾根では無いがなんてこった・・。

遠足気分もここまでだぜ。

とにかく安全第一で行かなければならない。

もちろん雨や強風なら行かないぜ・・。


ターミナルの外に出るとやはり寒い。

DSC04692

ここで最初のイベント「ライブカメラからこんにちは」の中継をしなければならない。

カメラのむこうでは既に「僕らは居残り組」代表 職人がPCの前でスタンバっている。

DSC04697

カメラはターミナルの上部にあった。

DSC04698

では、しばらくカメラ目線でポージング開始。

DSC04699

で、数分立つが・・職人からの連絡は無い。

彼は一体何をしているのだろうか・・。

寒い。こっちは寒いぞ職人。もうやめた。さっさと登山開始だ。


結果はこれ↓

室堂8:40

惨敗である・・。


8:45 登山開始。

当初の予定では浄土山を経由して一の越~雄山へと歩く予定だったが、この後のスケジュールを考えプラン変更。

まっすぐ一の越に向かうことにした。

DSC04702

登山開始と言っても遊歩道を歩くだけ。

晴れていればさぞかし綺麗なんだろうけど・・残念。

DSC04706

重要文化財の日本最古の山小屋「立山室堂

DSC04713

1726年に建てられたものだそうだ。

DSC04714

霊山なので石仏も多い。

DSC04712

見学しながらのんびり歩く。

DSC04720

そしてこの辺りから上り坂になってきた。

DSC04723

雄山山頂にはガスがかかっていて見えず・・。

ひたすら歩く。

DSC04728

休みつつ歩く。

DSC04735

第一の目的地、一の越山荘はもうすぐだ。

DSC04734

9:40 一の越山荘(2700m)到着。

DSC04750

この尾根の向こう側、黒部ダムのほうからはゴーっと猛烈な風が吹いてくる。

DSC04755

すごい風だ・・。ヅラなら簡単に飛んでしまうだろう。

DSC04754

とりあえず小屋に入って休憩。

ダムさんチームはここが今日の宿泊地。なのでここにある程度荷物を置いて雄山に登ることにした。

DSC04757

では雄山山頂アタック開始!

標高差300mをまっすぐ登る。

風は強いががんばるのだ。

DSC04759

ひたすらガレ場を登っていく。

DSC04762

立ち止まるんじゃない!!

DSC04763

さらに風は強くなる。

DSC04771

寝るんじゃない!!

DSC04772

過酷な登りが続く・・。


三の越到着。

DSC04776

上は見えず・・。

DSC04780

下も見えず・・。


先に進むとやがて社務所が見えてきた。

DSC04783

11:00 雄山(2991.6m)山頂到着。

DSC04788立派な一等三角点。

DSC04792

明治28年8月に設置されたものだそうだ。

DSC04791

社務所の中に入ってみよう。

中はお土産物やカップめんなどが売られていた。

DSC04796

おしるこで体を温める。

DSC04795

登拝料500円が必要な最高点雄山神社峰本社はガスの中。

DSC04798

普段はあの場所でご祈祷をしてもらえるようだが、今日は悪天候のため社務所の中で行われている。

そして最初の登頂記念写真を撮る。

DSC04800

よっしー作「まめ旗」、約束通り掲げたぞ!


11:29 次なるピーク大汝山へ向け出発。

DSC04808

わずかに下方も見え出した。

DSC04810

20分ほど歩くと、大汝休憩所に到着。

ここで小休憩。

DSC04817

荷物をデポし、山頂に向かう。

DSC04818

12:06 大汝山(3015m)山頂到着。

DSC04825

みなさん撮影が忙しい。

そして集合写真。これでピーク2つ制覇。

DSC04826

そして次のピーク、富士の折立へ向かう。

DSC04836

15分で富士の折立ピーク直下に到着した。

ここから山頂まで荷物を置いて往復する。

DSC04837

ここは結構険しい道だ。

DSC04844

登ること5分。

DSC04845

12:32 富士の折立(2999m)山頂到着。

この山、一体どこが富士なのか・・。

このネーミング、謎である。

DSC04848

これで立山三山制覇だ。

全員での行動はここまで。

ここでダムさんチームは一の越山荘へ引き返す。明日は黒部ダムへ向かうのだ。

では気をつけて引き返してください。明日の夕方再開しましょう。

(ダムさんチームのレポも後日公開予定です)

DSC04858


そしてツルさんチームはこの先の真砂岳~別山を越え剱岳を目指す。

果たしてこの先、この悪天で大丈夫なのだろうか・・。

とりあえず宿泊地に行って考えようと、先を急ぐツルさんチームであった。


つづく

 

室堂~一の越 約1.5km

一の越~富士の折立 約1.5km

e383abe383bce383881

<参加者>

 

<ダムさんチーム>

かにちゃん

キャディちゃん

カラアゲ

きょうちゃん

みーこ

スーザン

 

<ツルさんチーム>

なみなみ

Qコーチ

みっしゃん

ぼん

タイツマン

きよちゃん

ケンケン

つぼJr.

勇者ロト

中隊長

隊長

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑