ツアー&イベント レポート


ソロ山行番外篇 @霧ヶ峰 2013.8.17

ぼんのカレーは別腹です

 ぼんの盆休み、2013年。

あの素晴らしかった遠征縦走で、予定より1日早く下山できたので 

日本百名山・霧ヶ峰(きりがみね・車山1925m)にも登ってきました。

 

36.103191,138.196592

 

 

その名の通り、濃い霧の立ち込める朝でしたが

みるみる晴れて、登る時間にはこの通り。

DSC02466

この連休はホントについてましたね~。

 

 

 

縦走疲れもかなり溜まっていたので、

車山肩から最高峰の車山をピークハントして帰るお手軽コースを選択。

DSC02471

 

 

 

なだらかな斜面を大きく回り込んでいくので、傾斜もほとんどありません。

あっという間に山頂のレーダードームが近づいてきました。

DSC02493

 

 

 

 30分ほどで山頂。 八ヶ岳連峰の大パノラマ!

DSC02497

 

 

 

 そしてプロへ捧げる一枚。

DSC02501

 

 

 

せっかくなので、下山は少し遠回りして霧ヶ峰スキー場方向へ。

DSC02510

 

 

 

車山乗越。

DSC02521

 

 

 

 広大な霧ヶ峰湿原。 木道を外さないように注意しつつ横切ります。

DSC02527

 

 

 

北アルプスの山々を遠望。 なんだか感慨深い。

DSC02539

 

 

 

 

車山肩に帰ってきました。

土産物屋には無くて少々さまよったけど、「ころぼっくるひゅって」で無事バッジをGET!

DSC02544

 満足満足。

 

 

 

 出会った夏の花々。

hana

 

 

 

7月にはこんなニッコウキスゲの大群落が見られるそうです。

2013年は当たり年だったとか。

kisuge

またみんなと来たいものです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れてても、ちゃっかり百名山を稼いで帰路につくのでした。

2014年の遠征も、天気に恵まれますように。

 

 

 

 

 

 

な言い方だが、山には、登る山と遊ぶ山とがある。

前者は、息を切らして汗を流し、ようやくその頂上にたどり着いて快哉を叫ぶというふうであり、

後者は、歌でもうたいながら気ままに歩く。

もちろん山だから登りはあるが、ただ一つの目標に固執しない。

気持ちのいい場所があれば寝ころんで雲を眺め、わざと脇道へ入って迷ったりする。

当然それは豊かな地の起伏と広濶な展望を持った高原状の山であらねばならない。

霧ケ峰はその代表的なものの一つである。



<深田久弥・日本百名山>より

 

 

 

 

« »

Copyright © 2020 まめ登山部All rights reserved.
Back to Top ↑